看護師が勤務している職場の種類

現代における看護師の職場は、病院等の医療機関だけではない。介護業界や保育施設、一般企業など、様々な場所でたくさんの看護師が活躍している。それでは、看護師が活躍できる職場の種類には、一体どのようなものがあるのだろうか。

その中で、まず最も多くの看護師が勤務している職場の種類と言えば、病院やクリニック、訪問看護ステーションなどの医療機関だ。病院は総合病院やホスピスなどの複数の種類があり、求められるスキルや役割が若干異なっている。また大学病院のように、研究機関を兼ね備えた医療機関も全国各地に点在している。大学病院では勉強会やカンファレンスに出席する機会も多く、キャリアアップを目指す看護師にとって、魅力的な職場だと言えるだろう。

また、高齢化社会の日本で需要が高まっている職場と言えば、介護業界だ。看護師を必要とする職場の種類としては、老人ホームやデイサービス、訪問介護などの種類がある。老人介護施設の中には、医療的な役割を兼ね備えた所も少なくない。そのような職場では、臨床の現場で経験を積んできた看護師の存在が必要不可欠となっている。また介護施設では介護スタッフの人数が圧倒的に多いため、看護師は介護職員と協力して仕事を進めなければならない。

看護師としての役割を担いながら協調性を発揮できるかどうかが、大切だと言えるだろう。その他、看護師の職場の種類には、保育園でケガの治療や親の代わりに投薬や病院を受診を行う保育園看護師や、一般企業で社員の健康管理を行う企業看護師、アテンダントナース、健診ナースなどもあるのが現状だ。